忍者ブログ

陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ

天然紀念物陸寄居蟹, 住在人工物料裏

天然記念物のオカヤドカリ、住まいは“人工物”に
天然紀念物陸寄居蟹, 住在人工物料裏

プラスチックのキャップを宿貝にしたオカヤドカリ(鹿児島県奄美市の大浜海岸で)
寄居在塑膠蓋的陸寄居蟹(鹿兒島縣奄美市的海岸區)




鹿児島県奄美大島で、国指定天然記念物オカヤドカリの“住宅事情”に変化が起きている。
在鹿兒島縣奄美大島, 國家指定天然紀念物 - 陸寄居蟹的居住情況正在發生變化.

サザエなどの海生貝の代わりに、病害虫のアフリカマイマイの殻や、プラスチック製キャップ、ペットボトルのフタなど人工物を背負う姿が見られるようになった。
現在所見的陸寄居蟹是背著非洲大蝸牛的殼, 塑膠製的蓋子, 膠水樽蓋等人工物品來替代蠑螺等海生螺殼.

1986年、県の調査で奄美大島の海岸を観察した重田弘雄さん(70)(奄美市)によると、人工物が目につくようになったのは80年代後半。護岸整備でサザエのすみかの岩場が消えたことや、乱獲で海生貝が減ったり、人間が食べた後、殻を海に捨てなくなったのも一因とみられる。
1986年, 因為縣市調查而在奄美大島海岸觀察過的重田弘雄先生(70歲)(奄美市)指出, 陸寄居蟹背著人工物質開始被注目始於80年代後期.  這是因為蠑螺居住的岩區一帶因護岸工桯而消失, 海生螺殼因被亂捕而逐漸減少, 人類在食用螺殼後不會把牠們歸還大自然也是其中一個原因.

仲宗根幸男・琉球大学名誉教授(動物生態学)は「軽くて持ち運びに便利なため、好んで利用しているのでは」と話している。
琉球大學名譽教授(動物生態學)仲宗根幸男稱「牠們使用這些人工物質, 並不是因為喜歡而使用, 或是因為它們輕, 便利和易於搬運......」

(2006年8月5日0時11分読売新聞)
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新COMMENT

[07/06 Tony]
[07/06 Momoko]
[07/08 手语]
[05/30 手语]
[05/29 Tony]

SEARCH CONTENT

忍者COUNTER

Copyright ©  -- 陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]