忍者ブログ

陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ

実は長生きな天然記念物「オカヤドカリ」

朝日新聞デジタル&M

2016年1月4日 

実は長生きな天然記念物「オカヤドカリ」
「陸寄居蟹」實際上是很長的天然記念物.

長生きさせるコツは「脱皮」
長生的秘訣是「脱皮」


「オカヤドカリ」は夏になるとあちこちで販売され、手軽なペットとして扱われている生き物ですが、本当にそうなのでしょうか。
一到夏天很多地方都會販賣「陸寄居蟹」, 牠們被認為是很易打理的寵物, 實際上是這樣嗎.

オカヤドカリと一口に言っても、世界では15種、そのうちわが国に分布するものは7種にもなります。わが国においては、南西諸島と小笠原諸島が分布の中心です。近縁種としては陸生最大の節足動物であるヤシガニも彼らの仲間です。これらのうちペットとして流通しているのは、「ムラサキオカヤドカリ Coenobita purpureus」、「ナキオカヤドカリ Coenobita rugosus」、「オカヤドカリ Coenobita cavipes」の3種が主で、それ以外の種が出回ることは稀(まれ)です。
世界上的陸寄居蟹一共有15種, 其中有7種分佈於日本. 在日本, 主要分佈於南西諸島和小笠原諸島. 牠們是陸地上最大節肢動物椰子蟹的同屬. 在眾多品種之中主要流通在寵物店的有「紫陸寄居蟹 Coenobita purpureus」、「灰白陸寄居蟹 Coenobita rugosus」、「凹足陸寄居蟹 Coenobita cavipes」這3種, 其餘的品種都屬稀有種.

これら国内のオカヤドカリたち(ヤシガニも含めます)は全てが天然記念物に指定されています。そして、海外からの輸入は認められておらず、流通するのは国内産のものだけです。「え?天然記念物を飼っていいの?」と思われるでしょうね。詳しい事情は長くなるので割愛しますが、いくつかの指定業者に対して正式に漁獲割り当てが出されており、その枠内で捕獲されたものが合法的に販売されているのです。
國內的陸寄居蟹(包括椰子蟹)全部被指定為天然記念物. 而且不能從海外輸入, 市面流通只有國產的陸寄居蟹. 大家都會覺得「哎? 天然記念物可以飼養嗎?」. 事情因為太過繁複所以在此不說, 某幾家指定業者可以事先取得正式的漁獲分配限額, 在管制範圍內可以合法販賣捕捉回來的陸寄居蟹.

しかし、本来は20年以上と言われる非常に長寿な生き物である彼らを本当に長期にわたって飼育している例は、販売されている数に比べて決して多くありません。彼らは確かに丈夫ではあるものの、一般に思われているよりも、ずっとデリケートな生き物なのです。 
但是, 原本被認為可以生存20年以上的生物, 實際上能長久飼養的例子, 和販賣的數量相比並不多. 一般人確信陸寄居蟹是頑強的生物, 但其實牠們是對外界很敏感的. 

飼育ゲージはできるだけ広いものを用意しましょう。立体的にも活動しますし底床に潜らせる必要性があることからゲージには高さも必要です。蓋(ふた)は必ずしてください、彼らは脱走の名手で、思わぬところから抜け出してしまいます。まず、砂を少なくとも飼育個体の大きさの3倍ほどの深さに敷きます。この砂はサンゴ砂が一般的ですが、なるべく細かいパウダー状のものをお薦めしておきます。底砂はびしょびしょにする必要はありません、表面が乾いていても少し潜るとしっとりしている程度で問題ありません。また、砂場に使われているようなものでも飼育は可能です。
要準備一個盡可能要有相當大空間的飼養缸. 牠們活動範圍很廣, 而且一定要有底床給牠們躲藏, 所以飼養缸要有一定高度. 蓋子要是必需的, 牠們很善於逃走, 會從意想不到的地方逃出.  首先, 必需鋪上飼養最大個體的3倍深底沙. 底沙可使用是一般的珊瑚沙, 但使用較細粒(粉狀)的會比較好. 底沙不需要弄成濕淋淋地, 表面可以乾燥但濕潤程度要讓牠們躲藏到便沒有問題. 還有, 也可以使用沙地(游樂場沙地)的沙來飼養.

その他の設備としては、シェルター(隠れ場所)、登り木、エサ入れ、水容器といったところでしょうか。専用のものも市販されています。水容器は体が浸せる大きさのものを。理想的には真水の容器と海水(人工海水で問題ありません)の容器、二つを用意します。宿替え用の貝殻も欲しいですね、オカヤドカリ用としてペットショップで販売されていますし、アクセサリーなどの用途で販売されているものでも、もちろん利用できます。
其他設備有遮蔽物(供躲藏), 攀爬木, 食物盆, 水盆等等. 市面上也有專門的用品. 水盆要讓個體身體能浸進去. 最理想是淡水和海水(人工海水也沒有問題)兩種也準備. 要提供更換用的空螺殼. 當然可以利用寵物店販賣陸寄居蟹用品.

餌に関しては、何でも食べると言っていいでしょう。ただ、何でも食べると言うことは何でも与えないといけないと言うことなのですが。専用のフードが市販されていますが、これ以外にも、野菜や果物、煮干しなどの動物性タンパク質、小鳥用の塩土によるミネラル補給などバラエティーをつけましょう。彼らは一般に思われているよりも、はるかに植物質を好みます。
關於食物, 大家都說牠們甚麼也可以吃. 但是甚麼也可以吃不等於甚麼也可以給牠們吃. 市面雖然有販賣專門用的食品, 除此以外, 可以給各式各樣的食物, 如蔬菜, 水果, 魚乾等動物性蛋白質, 鳥類用的鹽土等作為礦物補充. 比一般所想牠們比較喜歡植物性食物.

さて、オカヤドカリを長生きさせるためには、いくつかのポイントがあります。まず、温度管理。亜熱帯の生き物ですから気温が下がると生きていくことができません。最低でも20度をキープしたいものです。さまざまなヒーターが市販されていますが、爬虫(はちゅう)類用の遠赤外線フィルムヒーターが比較的使いやすいかと思います。底面からの暖房だけでなく、状況によってはゲージ側面に貼り付けて2方向から温度を与えられます。また、冬季の加温状態では乾燥が問題となりますが、水容器が設置してあれば、むやみに霧吹きをするよりも底砂の湿り具合をしっかり管理することが大切です。
那麼, 為了讓陸寄居蟹壽命更長, 有幾點要注意. 首先, 溫度管理. 因為牠們是亞熱帶生物, 氣溫下降便不能夠生存. 最低也要保持20度. 市面上有不同種類的保暖設拖, 爬蟲類用的熱毯在使用上較容易. 不只把熱毯貼在底部供暖, 跟據不同氣溫狀況, 也可以把熱毯貼在飼養缸的側面, 從兩方面一起供暖. 還有, 冬季要加溫的時候會變得乾燥, 如果有放水盆, 比起胡亂噴霧, 把底沙保持好的濕潤度更為重要.

そして、最も大きなポイントが「脱皮」です。彼らは安全な隠れ場所や十分に深く潜れる場所を選んで脱皮します。そういった場所を提供するのはもちろんですが、長い時には1カ月近くかかる脱皮の期間、とにかく一切干渉しないことです。外骨格を脱ぎ、再び硬くなるのを待っている間に触ったり動かしたりすることは絶対にしてはいけません。特に砂に潜って脱皮している場合、出てこないので心配になって掘り起こす例が多いのですが、ここはひたすら我慢です。
然後, 最重要的注意點是「脫皮」. 牠們會選擇安全隱蔽的地方或有足夠深度可躲藏的地方來脫皮. 當然我們要提供這樣的場所, 脫皮時間長的話會接近一個月, 這段時期千萬不要干擾. 外甲殼脫出, 等待新甲殼硬化的期間絕對不可以觸碰. 特別是躲藏在沙裏脫皮的時候, 很多人都會擔心牠們不返出來而挖掘沙子, 但這時候應該耐心等待.

さあ、いかがでしょうか。よく観察すると表情も豊かなオカヤドカリ。しっかり飼って長きにわたる関係を築くのもいいかと。
那大家覺得如何.  觀察得多會覺得陸寄居蟹表情豐富. 大家用心地去飼養, 和牠們建立一個長久的關係吧.



Tony: 以上飼養方法是跟據這報導內容而翻譯, 適不適合見仁見智. 不過, 以前一直說陸寄居蟹只是在夏天期間才能飼養的生物, 至少這篇報導帶出陸寄居蟹可以飼養很長時間.

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新COMMENT

[07/06 Tony]
[07/06 Momoko]
[07/08 手语]
[05/30 手语]
[05/29 Tony]

SEARCH CONTENT

忍者COUNTER

Copyright ©  -- 陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]