忍者ブログ

陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ

カテゴリー「オカヤドカリの飼い方(みーばい亭ブログ)翻譯」の記事一覧

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 日常管理(上)

〈日常の管理〉
〈日常管理〉

・適正飼育頭数(60cm水槽で5匹以下、45cm水槽で2匹以下)を、守る。
・謹記保持適量飼養隻數(60cm飼養缸5隻以下, 45cm飼養缸2隻以下).

・床材として適度に湿らせた細かい砂を15cm以上敷く。
・鋪上濕潤適中的底沙, 厚度15cm以上.
・適切なシェルターを設置する。
・放置適合的遮蔽物.

・いつでも新鮮な真水と海水を利用できるようにする。
・時常保持新鮮的淡水和海水.

・25℃前後の温度と70%以上の湿度を保つ。
・保持溫度前後25度, 濕度70%以上.

PR

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 溫度計和濕度計

亜熱帯性気候の南西諸島の海岸近くに棲息する、ナキオカヤドカリやムラサキオカヤドカリは、温暖で湿潤な環境でないと生きていけません。
灰白陸寄居蟹和紫陸寄居蟹棲息於亞熱帶性氣, 西南諸島的海岸附近, 如果環境不溫暖和不夠潮濕便能生存.

温度や湿度が適正でないと、長生きさせることができません。。
如果溫度和濕度不適合, 牠們不能活得很久.

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 隱蔽物

オカヤドカリは活動時間帯である夜間以外は、物陰などに潜んでじっと動かずに眠っています。
陸寄居蟹的活動時間除了夜間之外, 其餘時間都會躲藏在陰暗物之下休息.

オカヤドカリといえば、「海岸を歩きまわっている生き物」というイメージが強いと思いますが、実際には隠れて眠っている時間の方がはるかに長いわけですから「物陰に潜む生き物」と考える方が適切です。
陸寄居蟹給大家的印象是會在海岸不斷走動的生物, 但實際上牠們大多數時間都是在陰暗環境下休息, 說牠們是「躲藏在陰暗環境下的生物」比較合適.

自然界では、海岸近くの茂みの中や石の下など直射日光の当たらない湿った場所に一匹あるいは数匹が集まって眠っていることが多いようです。
在野外, 大多數會發現一隻或數隻的個體會在海岸附近的草叢或石頭這些沒有受到陽光直接照射等濕潤地方休息.

私の観察では、公園のゴミ箱の下や、石垣の隙間、道端に放置された木製パレットの下などでも
見ることができました。
跟據我自已觀察, 在公園的垃圾箱下, 石頭的空隙, 道路旁邊放置的木製調色板下也會發現牠們.

飼育下においても、このように落ちついて眠るための環境を用意してやる必要があります。
在飼養下, 也必需要讓牠們感到安定和提供牠們休息的環境.

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 水盆(下)

〈真水〉 
〈淡水〉

オカヤドカリに与える真水は、基本的に人間が(安心して)飲用できるものであれば問題ないでしょう。
給陸寄居蟹的淡水, 基本上給我們飲用的食水便沒有問題.

最新COMMENT

[07/08 手语]
[05/30 手语]
[05/29 Tony]
[05/27 手语]
[05/25 手语]

SEARCH CONTENT

忍者COUNTER

Copyright ©  -- 陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]