忍者ブログ

陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ

カテゴリー「オカヤドカリの飼い方(みーばい亭ブログ)翻譯」の記事一覧

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 水盆(上)

オカヤドカリは主に陸上で暮らしていますが、呼吸は海棲のヤドカリと同じく鰓に頼っています。
雖然陸寄居蟹主要在陸上生活, 但牠們和海棲寄居蟹一樣, 也是利用鰓來呼吸.

腹部での皮膚呼吸を併用しているという報告もありますが、いずれにしても、呼吸の為には水が必要です。
雖然有報告指出牠們利用腹部的皮膚來呼吸, 但不管怎樣, 呼吸必需要靠水份.

気門を発達させて完全に陸上に適応した昆虫などとは違い、オカヤドカリは体が乾燥すると呼吸ができずに死んでしまいますので、新鮮な水をいつでも利用できるように常備しておかなければなりません。
牠們和完全適應了陸上的昆蟲不一樣, 沒有的發展得很好的氣門, 如果陸寄居蟹身體乾燥, 牠們會呼吸不到而死亡, 所以任何時間也要給牠們準備新鮮的水.

水入れは軽視されがちですが、オカヤドカリ飼育にとって非常に重要なアイテムなのです。
水盆經常被人忽視, 這個對飼養陸寄居蟹來說是非常重要的.

なお、オカヤドカリには、真水と海水を与えますので、水入れはそれぞれに用意する必要があります。
總之我們要給陸寄居蟹淡水和海水, 要準備不同的水盆.

PR

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 保暖設施 (下)

〈底面設置の問題点〉
〈底部設置的問題〉

飼育容器の下にヒーターを敷く方法は、地上性のトカゲ類などに飼育に良く用いられています。
飼養陸棲性的蜥蝪類, 通常會在飼養缸的底部鋪上熱毯.

腹部を床材につけていることの多いトカゲ類にとって、床材を下から温めるのは効果的だと思われますが、オカヤドカリにはどうでしょうか?
大家認為很多蜥蝪類會把腹部貼著底材, 所以熱力底材由下而上這個效果不錯, 但對陸寄居蟹適用嗎?

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 保暖設施 (上)

オカヤドカリ類は熱帯から亜熱帯に掛けて分布する生き物です。
陸寄居蟹是分佈於熱帶至亞熱帶地區的生物.

国内では主に、南西諸島や小笠原諸島などの亜熱帯域に生息しています。
日本國內主要棲息於南西儲島, 小笠原儲島等亞熱帶區域.

本来の生息域ではない地域で飼育するには、飼育容器内の温度を人工的にコントロールして、亜熱帯の温度環境を作り出す必要があります。
要把牠們飼養在非原生地的地區, 我們要人工控制飼養缸內的溫度, 必需要造出亞熱帶的溫度環境.

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 螺殼

〈陸上に貝殻は少ない〉
〈陸上的螺殼很少〉

カタツムリなど陸貝と呼ばれる一部の種類を除けば、貝類は基本的に水生動物です。
除了蝸牛等等陸貝外, 貝類其本上都是水生動物.

つまり、陸上で貝殻を見つけることは非常に困難なのです。
換句話說, 在陸上找尋螺殼是非常困難的事.

日本飼主陸寄居蟹飼養方法 - 底材

飼育容器の床材としては、砂を用いるのが一般的です。
一般會用沙作為飼養缸的底材.

厚く敷き詰めた砂には、容器内の温度や湿度が急激に変動することを防ぐ効果があります。
鋪一層厚厚的沙可以防止飼養缸的溫度和濕度急劇變化.

最新COMMENT

[07/08 手语]
[05/30 手语]
[05/29 Tony]
[05/27 手语]
[05/25 手语]

SEARCH CONTENT

忍者COUNTER

Copyright ©  -- 陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]