忍者ブログ

陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ

3年が経ちました

3年が経ちました。

みんなペコペコですか?同じ場所へ行って、いただきます。








PR

業者胡說自已有"飼養經驗"這個套路, 都看到悶了

收到台灣蟹友轉發過來的對話, 內容不詳細說了.

只能說業者向來都是一樣, 喜歡說自已有多年飼養經驗, 姓林業者以前也堅持自已有飼養9年神蟹, 多年後, 一樣要說一句"我是業者, 又如何"的說話, 用別的方式去承認沒有飼養過.

所以對於新一批業者, 如擺攤檔的女業者(聽說''自已說''有十年以上飼養經驗)和另一位和寶石事業相關的業者(聽說''自已說''有二十年以上的飼養經驗, 但之後自已回覆又說「飼養蟹的時間雖然不長」..?), 我只想到用這一張圖片表達我的想法.

業者胡說自已有"飼養經驗"這個套路, 都看到悶了.



熱帯域に分布するオカヤドカリが下田の海岸に多数生息。繁殖、世代交代の可能性も

2019年7月6日 3時00分 下田市

国の天然記念物で熱帯域に分布するオカヤドカリが、下田市内の特定の海岸(資源保護のため非公表)に多数生息していることが分かった。確認した下田カヤックセンター代表の小沢悟さん(57)=下田市須崎=は「本土での繁殖は難しいとされているが、下田では世代交代している可能性が大きい」と考えている。

夏本番告げ命の営みピーク

2017年7月8日

○…種保存の悠久の自然世界のリズムにしたがって「ザワザワ、カチカチ」―。徳之島町の東北端に位置する金見崎海岸の通称「真崎(まさき)浜」で、国指定天然記念物オカヤドカリたちの〝産卵〟がピーク入りしつつある。繊細な気象条件も影響してか、例年に比べて遅れ気味。夏本番を告げる風物詩ともなっている。

夏本番告げ種保存の営み

2019年7月2日

【徳之島】徳之島東北端の徳之島町金見崎(かなみざき)海岸の通称・真崎(まさき)浜では、国指定天然記念物オカヤドカリたちの生命誕生のドラマ〝一斉産卵〟が始まっている。ヤドカリたちの大群が、自然界のリズムに従って砂浜を覆い、礁湖の波打ち際たどり着いて次々と幼生を放出。梅雨明け前後、夏本番の到来を告げる密かな風物詩ともなっている。

最新COMMENT

[07/06 Tony]
[07/06 Momoko]
[07/08 手语]
[05/30 手语]
[05/29 Tony]

SEARCH CONTENT

忍者COUNTER

Copyright ©  -- 陸寄居蟹網絡日誌オカヤドカリブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]